menu

セクハラ・パワハラ防止対策

セクハラ・パワハラ防止研修

どのような発言や行動がハラスメントととらえられるのか。また、どのように部下を指導していけばいいのか。
裁判事例、グループワーク等を通じて理解を深めていきます。

(例)管理職向け パワハラ防止基礎研修

1.パワーハラスメントとは何かを知る
 ・パワーハラスメントの定義、行為類型
 ・職場におけるいじめ・嫌がらせ件数の増加について
 ・パワーハラスメントと労災申請

2.パワーハラスメントが与える影響
 ・加害者、企業が問われる責任

3.パワーハラスメントをなくすためにはどうすればよいか
 ・パワーハラスメント関係の裁判例
 ・グループディスカッション(社内事例のピックアップ)
 ・グループワーク

4.パワーハラスメントにならない指導のポイント
 ・動画による事例研究

5.パワーハラスメントの相談を受けたときの対応
 ・相談受付時の一次対応のポイント
 ・相談担当者の心構え
 ・相談対応のうまくいった例、うまくいかなかった例

相談対応マニュアルの作成

被害者から相談を受け、実態調査を行い、事後対応や再発防止策の実施により幕引きをする、一連の流れに沿って実際に使えるマニュアルを整備します。特に初回の面談時には、相談者のプライバシー保護や担当者が傾聴する姿勢を明確にし、その上で迅速に事態収拾をしなければなりません。

外部相談窓口の受託

弊所をハラスメントの相談窓口として職員に案内していただけます。外部相談窓口として御社の非常時対応の一部を担うとともに、初期段階での対応をアドバイスすることができます。会社内部の人間には相談しにくい内容も外部相談窓口には連絡いただけるかもしれません。このため、問題が大きくならないうちに情報収集することも可能となります。
お問い合わせ